ドラマ『VIVANT』ヴィヴァン、犯人はあの人だった?衝撃なラスト!|まとめ、今後の考察まで

ドラマ

日曜劇場『VIVANT』どんどん楽しくなってきましたね。

今日は第3話が放送されました。いよいよ舞台はモンゴルから日本に!

VIVANTとはどんなドラマなのか、今後の展開について調査していきます。

見始めようとしてる方は是非参考にしてみてください!

『VIVANT』ってどんなドラマ?

演出を務めるのは『福澤克雄』さんです。

今回、出演している堺雅人さん主演の大ヒットドラマ『半沢直樹』や、阿部寛さん主演の『ドラゴン桜』を手掛けた方です。

これは面白いに決まってると勝手に思っちゃいましたw

堺さんが演じる「乃木」は丸菱商事に勤務しており、丸菱商事とバルカ共和国の会社「GFL社」と太陽エネルギー事業を一緒に行っています。ある日、融資として丸菱商事がバルカ共和国に14億の振り込みをするのですが、その事業に携わっている乃木が送金を担当しました。確かに14億の送金をしたにも関わらず、140億円が送金されており大問題へと発展されました。

14億の送金でもびっくりなのに140億円って!

この誤送金を取り戻さないと、乃木が責任を取るように上司から言われ、慌ててバルカ共和国に向かいます。ですが、その先で乃木に立ちはだかる運命は壮絶なものでした・・・

第1〜3話のまとめ

誤送金だったので返金を求めに『GFL社』があるバルカ共和国に向かう乃木ですが、140億円は「丸菱商事が私達GFL社にとても期待してくれているのだ」と勘違いし、既に下請けに送金したというのです。ですが、それは全くの嘘でした。

乃木は何故かCIAに友人がおり、130億円の行方を調べてもらいます。

なんと、お金はダイヤに変えられてザイールという男の元にあるというのです。

そのザイールの元に行くためにタクシーを使った乃木ですが、騙されてしまい砂漠を歩くはめに…

砂漠で途中で倒れてしまうのですが、そこで乃木を発見したのがジャミーンという女の子で治療をしたのが二階堂ふみさん演じる医師の柚木薫でした。

何とか目を覚ました乃木は、ザイールの元に辿り着くのですが『お前がヴィヴァンか』と告げると自身の体に巻きつけた爆弾を爆破し死亡しました。

そして、爆破に巻き込まれる危機一髪を助け出したのが、阿部寛さん演じる野崎守です。

野崎は公安の人間でザイールを追っていたそうで、日本から来た商社マンがザイールに接触しようとしているという情報が入り乃木にGPSを仕掛け追跡していました。

色々あって、爆破事件の犯人と間違えられて乃木は、今度はバルカ共和国警察から追われるはめに…

爆破に巻き込まれた患者を治療していた柚木薫も、野崎と話しているのをバルカ警察に見られ共犯と間違えられます。そして、3人はバルカ警察に逮捕されないよう大使館まで必死に逃げます。

大使館まであと少しという場面では、私も手汗が出るくらい見入ってしまいました…

何とか逃げ切り大使館に到着後、公安でさえザイールの居場所を突き止めるのに長い時間を要したのに簡単に一般市民がザイールに近づけたことを疑問に思う野崎は乃木を問い詰めます。「CIAに友人がいる」と説明しそこは一旦解決します。

何だか呆気なく話が解決したように見えましたが、後に繋がるのではと思います

誤送金のことを野崎に伝えると、乃木がハメられたことを確信した野崎一緒に日本に帰り犯人を捕まえることを決意します。ザイールはテロ組織の幹部である人間で、ザイールとJAPANが関係しているという情報を掴んでいた野崎は、乃木の事件を解決することによりそのテロ組織に繋がる手がかりを得れるということで共同戦線を張ることになります。

柚木は、乃木が砂漠に倒れている時に発見してくれたジャミーンの主治医で、彼女は難病を患っており来月日本で手術予定でした。それを実現する為に、柚木も日本に帰ることを決意します。

日本に帰るということは、大使館から出て逮捕されないように国境を越える必要がありますので、またもやバルカ警察から追われる身となった3人ですが、何とか無事日本に帰ってくることに成功しました。

日本に帰ってきた乃木は、野崎と、警視庁サイバー犯罪対策課である濱田岳さん演じる東条と3人で自分をハメた犯人を探し始めます。東条によると送金時点で140億円に変わるようにシステムを改ざんした人間がいるはずだと。その後、東条のお陰で無事システムを改ざんした犯人を突き止めることに成功しました。

改ざんしたその人物は、丸菱商事の財務部事務員である「太田梨歩」という人物でした。

ここまでが、3話までのざっくりしたまとめになります。ドキドキする場面が沢山あったり、日本のドラマ?と思ってしまうようなスケールのでかいドラマでした。

第4話はどうなっていくのか

次回は、誤送金事件が完結に向かうようです。

ドラムとジャミーンが日本に来日している様子が描かれていました。

ジャミーンが無事日本に来れたと言うことは手術も行えるということですね。

ジャミーンと薫の再会は感動すること間違いなしですね

私の考察では、次回逮捕される『太田梨歩』は真の黒幕ではないと思います。4話の時点で逮捕されると言うことは『誰かの指示でやらされた』可能性があると思います。

また次回予告で、東条が『この人の仕業だったのか』と言っています。システムを改ざんしたのは太田のはずなのに、一体誰に向けた言葉なのかも気になりますね!

また、松坂桃李さんも出演予定ですので、今後どのように関わってくるのかも注目です!!

まとめ

大体3話までの流れは理解頂けたでしょうか。

きっと、黒幕に近づくまでに、沢山の共犯が逮捕されていく流れなのでは?と思います。

半沢直樹同様、専門用語もあったりで少し難しいので見返しも大事かもしれませんね。

U-NEXTではこれまでの配信が一気見できますので、見るか悩んだらまずは1話を視聴して見てください。

ハマること間違いなしかと思います!

今後もVIVANT一緒に追っていきましょう!最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました